膝用スポーツサポーターの選び方

  • スポーツサポーターの正しい着け方

    • スポーツサポーターを使うときはまずは正しいサイズを測ってから、膝用など緩すぎてフィットしてないと正しい効果も得られません。

      スポーツサポーターの最新情報を見つけよう。

      サイズが小さくて締め付けすぎると血流が悪くなるので注意です。
      膝や足首などサイズを正確に測ってから適切なサイズを選びますが、例えば膝だと膝のお皿から上10cm・下10cmの位置が目安です。



      膝用のスポーツサポーターを装着するときは、立った状態で膝を延ばしてから着けると上手く巻きやすく、座った状態だと膝は軽く曲げた状態でします。

      ベルトタイプのスポーツサポーターだと、最初に上のベルトから締めてから圧力はフィットする程度であまり締め付けすぎないようにします。
      きつすぎないかやずれてないかを確認し、それから下のベルトを締めます。


      膝の皿の下をサポートさせるために、下から上へと引き上げて圧力加減は少し強めに軽く締め付ける程度です。



      これでしっかり固定されますが、膝を軽く曲げ伸ばしてみてきつすぎないか確認します。

      膝用だと締め付けすぎない・長時間着けないことが大事です。膝周りをきつく締め付けると血流の妨げになり、サポーターをずっと着けっぱなしにすると筋肉が衰えてしまいます。


      寝るときに膝へ締め付けや圧迫をするのはよくないので、眠る前には外した方がいいです。サポーターはスポーツや立ち仕事をする直前で着けて、何度か外してメリハリをつけることが必要です。

      使っているとだんだん生地が伸びて来たり、面ファスナーが古くなってきてフィット感がなくなってきます。

      毎日使うなら、何枚か買っておいてローテンションすると長持ちしますし定期的に買い替えて交換するのがおすすめです。

  • スポーツサポーターの基本知識

    • 普段からバスケやランニングなど膝を酷使する運動をする人に向いているのがスポーツサポーターで、これにも色々な種類が販売されてます。両サイドへ特殊なスプリングが入っていて膝の両側へ左右2本ずつ入っていて、膝の曲げ伸ばしをスムーズに受け止めながらもがっちりとサポートし、ランニングや登山などの膝への負担を減らします。...

  • スポーツサポーターの納得の知識

    • 膝用のスポーツサポーターには痛みを防ぐための固定型・保湿効果、スポーツやシェイプアップ運動などで使う膝の負担軽減など色々あって、スポーツタイプだとおもに膝の保護が目的です。スポーツサポーターだと大きく2つの形状があり、筒形は足を通して膝に装着しますが取り外しが簡単でストレッチ性が高いです。...

  • スポーツサポーターの情報分析

    • 体を動かす前のウォーミングアップと運動後のクールダウンは時間をかけて丁寧にたっぷりと行う、プロテインを飲んで筋肉を増強させたりアミノ酸サプリを飲んで筋肉疲労を軽減させたりする、肉や卵や魚や乳製品などタンパク質を豊富に含む食べ物をメインとした食事に切り替える、水分をこまめにチャージして脱水症状にならないようにするなど、スポーツのパフォーマンス向上のために行うべきフィジカルケアには様々なものがありますが、スポーツサポーターを身につけて関節を保護するというのもそれにあたります。バスケットボールやバレーボールやバドミントンなど膝に衝撃が伝わりやすいスポーツには、膝関節の痛みがつきものです。...

  • スポーツサポーター関係の真実

    • 膝用スポーツサポーターを選ぶ最も重要なポイントは、使用シーンによって選ぶということです。例えば、家事や軽いウォーキングといった日常生活で使う時と、トレッキングやゴルフなど軽スポーツで使用する場合、さらにはテニスやサッカー、野球といった競技スポーツで使う場合では、選ぶタイプが違ってくることでしょう。...

top